会社設立・助成金・社会保険手続をお考えの奈良の起業家をトータルサポートする、中井税務労務事務所

会社設立・助成金・社会保険手続をお考えの奈良の起業家をトータルサポート!

 お気軽にお問い合わせください  tel
 0745-74-5551  mail
 メールでのお問い合わせ

奈良の起業家をトータルサポートします。地元奈良の皆様に信頼され、貢献できる事務所を目指しています。

HOME >  法人登記後の諸手続  > 会社設立時にやるべきこと

■ 会社設立時にやるべきこと



会社の登記まで終われば、会社設立は完了ですが、それで終わりではありません。

 
  具体的な手続きとしては、設立後の税務署等への届出などをはじめとして、最初からいくつかやることがあります。さらに、会社を運営していくためには毎月の会計税務手続等も欠かせません。


当事務所は、会社登記だけでなく、設立後に発生する様々な諸手続のお手伝いも行い、経営者の方がビジネスや売り上げを上げる事に集中できるように様々なサポートを致します。



●会社設立時にやるべきこと


 設立直後の主な手続きとしては、 銀行口座の開設と、税務署関連の届出 などがあります。


①銀行口座の開設
 必要なもの : 会社の印鑑証明書、登記簿謄本、銀行印(代表者印でも可)
上記の必要なものを持っていくと、通常の会社で保管証明を出している場合は、すぐに口座を開設でき、資本金を引き出すことができます。

②税務署・県・市町村への届出
  設立直後の行う、税務署の届出について下記にまとめておきました。
 (リンク先をクリックすれば、所定の用紙が出てきます。)


税務署、その他官公庁への届出


参考までに主な提出書類を掲げておきます。しかし、必ず、税理士や社会保険労務士の確認をとってください。個人の事業開始の場合を例にとると次の通りです。




税務署提出書類


法人設立届出書

 開業の日から1ヶ月以内に提出します。


給与支払事務所等の開設届出書

 従業員、パート、アルバイトなどを雇用したときに提出する書類です。


青色申告の承認申請書

 設立の日の属する事業年度の場合は、設立の日以後3月を経過した日と当該事業年度終了の日と  のうちいずれか早い日の前日に提出しなければなりません。
 ただし、適用を受ける際には、帳簿をつけ、それを保管しておかなければなりません。
 パソコン会計が時間的にも、経費的にもお勧めです。


源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書

 従業員等から徴収する源泉所得税の納期限の特例(1ヶ月に1回→半年に1回)を受けるための申請書 です。


また、設立時に資本金1000万円未満の法人は、売上にかかわらず、約2年分(2期分)免税になります。

しかし、、新規開業時に自宅開業や賃貸でなく、建物を建てるなどの大きな設備投資をした場合、消費税の課税事業者を選択することで、消費税の還付を受けることもできます。
消費税の取り扱いについては、税理士に相談するのが無難です。




お問い合わせへ

所長プロフィール

所長 中井良一
中小企業の
経営者とともに


所長
中井 良一
無料相談窓口 気軽に無料相談! 会社設立・助成金・社会保険手続きをご検討されているあなたに、無料でご相談に応じます。 無料相談窓口 気軽に無料相談! 会社設立・助成金・社会保険手続きをご検討されているあなたに、無料でご相談に応じます。

株式・合同会社設立情報

助成金情報

社会保険情報

法人登記後の諸手続

メールマガジン
奈良県で活動する税理士&社労士が発信する電子新聞です。会社設立・税務会計・社会保険・ホームページの活用方法などの経営ノウハウだけでなく、地元ローカルな助成金・補助金・奨励金など「旬」のお役立ち情報をお届けいたします。イベント情報なども満載です。

メールアドレス


まぐまぐ
お問い合わせ
その他のお問い合わせ用のフォームへ無料相談会用のフォームへメールでのお問い合わせ

相互リンク

「リンクされること」は、SEO対策上重要なことです。
当社とお互いに「リンク」しませんか?
詳しくは当社のリンク集ページへ