会社設立・助成金・社会保険手続をお考えの奈良の起業家をトータルサポートする、中井税務労務事務所

会社設立・助成金・社会保険手続をお考えの奈良の起業家をトータルサポート!

 お気軽にお問い合わせください  tel
 0745-74-5551  mail
 メールでのお問い合わせ

奈良の起業家をトータルサポートします。地元奈良の皆様に信頼され、貢献できる事務所を目指しています。

HOME >  助成金情報  >  会社設立時に経費の一部として貰える助成金  > 受給資格者創業支援助成金

■ 受給資格者創業支援助成金

 雇用保険の受給資格を有する者が創業し、1年以内に雇用保険の適用事業主となった場合に創業費用が助成されます。

雇用保険の失業給付は事業を開始する者に対しては支給されませんが、実際に創業した者であってもそのまま貰い続ける人もいます。このような弊害をなくすために、一定の要件を満たした失業給付の権利を有する者が創業した場合(法人、個人を問わない)、創業経費を援助する制度です。


受給資格
・雇用保険の受給資格者であって、かつ算定基礎期間が5年以上ある者が創業すること
・まだ事業を始めていない者(法人登記が完了した場合、個人であれば開業届を提出した場合アウト)
・創業受給資格者が専ら当該法人等の業務に従事するものであること
・法人にあっては、創業受給資格者が出資し、かつ、代表者であること
・法人等の設立日以後3か月以上事業を行っているものであること


受給額
以下の経費の1/3が助成されます(200万円が限度)

1.法人の設立にかかる計画を作成するために要した費用
○ 司法書士、社会保険労務士、行政書士等の代行費用、経営コンサルタント等相談費用
× 登記費用(印紙代)、株式払込の委託料、許可業種の申請に伴う印紙代

2.受給者自ら従事することとなる職務に必要な知識、技能を習得するための講習、相談費用
○ 資格取得費用、講習、セミナー参加費用
× 直接の業務と関係ないもの

3.事業に必要と思われる費用
○ 事務所の改装や最初の賃貸借に必要な費用、設備、機械、機器、備品、車輌、動産、営業権、 リース料、労働者の募集費用、就業規則の作成に要する費用等
× 事務所の毎月の家賃、敷金

4.雇用する労働者に必要な知識、技能を習得するための講習、相談費用


手続について
申請手順は次の通りです。

1.法人等設立事前届の提出
事業の着手前に法人等設立事前届をハローワークに提出しなければなりません。法人等設立事前届を法人等の設立の日の前日までに所轄のハローワークに提出する必要があります。問題なければ認定がおり、通知書が発行されます。

事業を開始して、創業経費を捻出します。さらに人を雇ったために雇用保険に加入しました。(このようにスムーズにいけばいいですが・・これを1年の期間で達成することで受給権が発生します)

2.支給申請

2回に分けて申請します。


第1回目の支給申請

雇用保険の適用事業となった日の翌日から3ヵ月後の1ヵ月の期間内(4ヵ月目の1月内)に受給資格創業支援助成金支給申請書(様式3号)に法人等設立事前届のコピー、創業経費を支出した確認のできる書類(契約書、領収書等)、雇用保険設置届の写し、決算書または預金通帳の写し、定款、登記簿謄本等を添付して提出します。



第2回目の支給申請

雇用保険の適用事業となった日の翌日から6ヵ月後の1ヵ月の期間内(7ヵ月目の1月内)に上記と同じ内容の支給申請をします。



以上で手続が終了いたします。
創業経費が2回に分けて事業主の口座に振り込まれます。

お問い合わせへ

所長プロフィール

所長 中井良一
中小企業の
経営者とともに


所長
中井 良一
無料相談窓口 気軽に無料相談! 会社設立・助成金・社会保険手続きをご検討されているあなたに、無料でご相談に応じます。 無料相談窓口 気軽に無料相談! 会社設立・助成金・社会保険手続きをご検討されているあなたに、無料でご相談に応じます。

株式・合同会社設立情報

助成金情報

社会保険情報

法人登記後の諸手続

メールマガジン
奈良県で活動する税理士&社労士が発信する電子新聞です。会社設立・税務会計・社会保険・ホームページの活用方法などの経営ノウハウだけでなく、地元ローカルな助成金・補助金・奨励金など「旬」のお役立ち情報をお届けいたします。イベント情報なども満載です。

メールアドレス


まぐまぐ
お問い合わせ
その他のお問い合わせ用のフォームへ無料相談会用のフォームへメールでのお問い合わせ

相互リンク

「リンクされること」は、SEO対策上重要なことです。
当社とお互いに「リンク」しませんか?
詳しくは当社のリンク集ページへ